レトロフリークを修理に出すの巻

どうも!
小鳥遊キノです。

ピンの浮いてしまったレトロフリークを修理に出しました。

散々ネット上でも、互換機は大事に扱わないとすぐピンがイカれるぞ!と言われていましたがまさか自分がやってしまうとはって感じです。Retron5の時もカートリッジの抜き差しはゆっくりやれって言われてたから、接点復活剤使って遊んでたけどその時は大丈夫だったのにな。

耐久性:Retron5 > レトロフリーク

だと思います。

あれだけ子供が雑に扱っても壊れないファミコンを作った任天堂ってやっぱスゲェ。

そんなこんなでレトロフリークを修理に出すことに。サイバーガジェットサポートにピンが外れたという趣旨のメールをすると、翌日に「通常利用の範囲なので、購入後3ヵ月以内なら無償修理・交換をいたします」という返信が。このサポート体制を見るにやはり一定数の不良というか、こういう事態になることも想定済みなのかなって感じですね。とはいえ無償で対応して頂けるということで、さっそく箱に入ってたサポート保証書に記入をしてレトロフリーク一式を修理に出しましたとさ。

レトロフリークってゲーム機本体とカートリッジアダプターに分かれているので、カートリッジアダプターだけを送るのかと思いきや、まさかの一式を発送してくださいとのお達し。不具合の再現とかもしなきゃいけないからまぁ仕方がないのかな。

レトロフリーク愛用者はちゃんと接点復活剤を使いましょう。サボると痛い目見ます。

KURE 接点復活スプレー #1424 220ml

KURE 接点復活スプレー #1424 220ml

 

安くてオススメ。

 

もしよければこちらの記事もどうぞ!

programmerkinoko.hatenablog.jp

programmerkinoko.hatenablog.jp

programmerkinoko.hatenablog.jp

 

では、また次回の記事でお会いしましょう! 〆(・ω・b)