cocos2d-xでClassを追加する際に忘れがちなこと【Android】

どうも!
小鳥遊キノです。

今回は、cocos2d-xで開発をする際意外と忘れがちなことについてメモ。

Androidでクラスを追加する際は、「proj.android/jni/Android.mk」に追加したファイルについての追記が必要になります。参考書とかでも最初の一回しか説明がなかったりして、自分でファイルを追加した時に割とはまるポイントだと思います。

例)

ClassesフォルダにMainScene.cppファイルを追加した場合
android.mk
LOCAL_SRC_FILES := hellocpp/main.cpp \
                                       ../../Classes/AppDelegate.cpp \
                                       ../../Classes/HelloWorldScene.cpp \
                                       ../../Classes/MainScene.cpp

以降クラスファイルを追加する場合は、赤字の下にどんどん追記していけばOKです。

Windows + EclipseAndroidアプリを開発している記事って本当に少ないですよね。これからはEclipseAndroid Studioに移り変わっていくとはいえ、やっぱり時代は、mac + Xcodeでの開発が主流なのかな。

 

では、また次回の記事でお会いしましょう! 〆(・ω・b)