コピーライトの正しい表記について

どうも!
小鳥遊キノです!

私は、Webサイトを制作するたびにいつもコピーライトの表記について検索してしまうのですが、みなさんはどのようにしていますか?

Copyrightと©と(C)どれが正しいの?とか、All Rights Reserved.て必要なの?といつも迷うのでまとめてみました。

簡潔なコピーライト表記

日本の法律では、コピーライトがなくても著作物は保護されることになっていますが、慣習として表記することが多いようです。

最低限必要な表記は以下の3つになります。

  • コピーライトを表すもの
  • 著作物の発行年
  • 著作権者の氏名

例えば2015年に小鳥遊キノさんが何かを公表する場合は

© 2015 takanashi kino

とすればOKです。表記する際の順序は関係ありません。しかし、すごいさっぱりしたな。

正確には万国著作権条約というもので保障されているのは「©」のみですが、「©」は環境依存文字なので、「Copyright」や「(C)」で代用される場合もあるようです。

ちなみにソースコードに「©」と記述すると、ブラウザでは「©」が表示されます。「コピーライト」で変換すると「©」が表示できます。

 

では、また次回の記事でお会いしましょう! 〆(・ω・b)